日本の排他的経済水域での発電の可能性


日本の排他的経済水域での発電の可能性について、例えばこれらの海域で風力発電などを行うことが考えられます。ただし、この排他的経済水域では発電を行うのに初期投資が必要で、しかも海底にしっかりと固定しなければならないという問題があります。地震やその影響による津波などですぐに倒壊してしまうようでは、建設費用に見合うだけのコストとは到底言えません。 排他的経済水域では他国が進入することはできないために、この海域を利用して発電などを行うことには大いに意味がありますが、よほど海からの風などが強く吹き付ける海域などでないと、せっかく得られる電力も少なくなってしまう可能性もあります。 そのため、どこにこの発電装置を置くかという議論は必ず必要で、またメンテナンスも定期的に行う必要があると見込まれることから、どういった地域で行うのが適当なのかをしっかりと電力会社やその風力発電を行うことを考えている人たちの間で議論する必要はあります。 また、風力発電で得られる電力の送電の問題もあります。せっかく風から得られた電力があるのに、それを電力として一般家庭などで利用できないと意味がありません。風力発電に必要なものは、その排他的経済水域内に設置する風車などだけではないということです。そこで発生した電力をいかにして電力会社などに送電することができるか、これも重要な決め手となります。 こう考えてくると、いくら風が年中吹いていてよく電力が得られるとしても、あまりにも電線までの送電に費用がかかるようでは、初期投資で莫大な投資が必要になってしまうために、一般企業などでは尻込みしてしまう可能性もあります。 このあたりをいかにして電力会社と風力による電力供給をすることを考えている企業などとが連携ができるかどうか、そこが成功のカギとなることは間違いがありません。 石油や石炭からの火力による電力を得る方法は環境に優しくなく、しかも資源がない我が国にとってはコストがかかりすぎる問題です。それを解決できる可能性がある自然エネルギーの活用は、これからしっかりと研究がなされていかなければならない問題です。