波力発電とは


海上などに風が吹くことによって波が発生しますが、寄せたり引いたりなどを繰り返す波の動きなどをエネルギーとして利用する発電方法が波力発電です。波力発電といってもシステムの種類によって発電方法や設置場所などに違いがありますが、波が寄せたり引いたりする際や波が上下することなどで発生する空気の流れや圧力などによって、装置内のタービンなどを回転させることで発電します。そのため、波が繰り返し起こればエネルギーとして発電することができることから、火力や風力などの発電方法と違って発電装置などを動かすために資源や燃料などは必要ありませんし、燃料などが必要ない分発電に必要な費用などを抑えることができます。そして、発電方法によっては二酸化炭素などが発生する場合がありますが、波力発電は資源や燃料を使っていないので二酸化炭素などが発生する心配も少ない発電方法です。しかし、波という自然の現象を発電のエネルギーとして利用するとなると、条件などによって発電能力が変動したり不安定になってしまう可能性がありますし、波力発電に必要な施設などを建てる場合には強風や台風などに耐えられるくらいの強度が必要です。そのため、他の発電方法と比べると、発電施設などを建てる際をはじめ、海での様々な影響から施設や発電装置などを守るためにより多くの費用や手間が必要になってしまう可能性があります。そして、海に大きな発電施設や装置などを設置するとなると海の生き物などにも影響を及ぼす恐れもあります。波力発電は、他の発電方法と比較すると世界的にまだ広く行われてる発電方法ではありません。そして、日本では波力発電についての装置の開発や実験などの研究が現在も進められている最中です。そのため、実際に日本の海上に発電装置などを設置してみないと分からないこともまだ多いですが、波力発電に必要な施設や装置の設置場所などを考えると日本に向いている発電方法です。