潮流発電とは


潮流発電とは、潮の満ち引きによって起こる海水の移動が持つ運動エネルギーを電力に変換する発電方法の一つです。 この発電方法は水力発電や風力発電、太陽電池を使った太陽光発電などと同様の自然エネルギーを利用した発電方法であることから、火力発電などの従来の発電方法のように二酸化炭素が排出されないクリーンエネルギーとして注目を集めており、特に資源の乏しい日本をはじめとした国々では、実用化に向けた取り組みが熱心に進められています。 潮の満ち引きは地球の自転と月の公転によって発生するもので、その際に働く力は潮汐力と呼ばれています。 潮の満ち引きは1年を通して時刻ごとに必ず発生し、その際には潮位と呼ばれる海面の高さの変動が起こり、とりわけ広い開口部を持つ湾内ではその変動が大きくなる特性があります。 潮流発電はそうした潮位の変化に伴う海水の運動エネルギーを電力に変換する仕組みとなっており、潮流発電用の設備は潮位の変動が大きい湾内に設置されます。 潮流発電用の設備は湾の開口部に設置する堰と海水の運動エネルギーによって回転するタービン、タービンの回転によって発電を行う発電ユニットの3種類に大別することができ、満潮時に堰を開放することによって海水を湾内へと導き、干潮時に堰を閉鎖する際にタービンへと海水を流し込むことでタービンを回転させ、発電を行う水力発電と似た仕組みとなっています。 潮流発電の利用については、風力発電などのクリーンエネルギーと同様に燃料を必要としないことが最大のメリットとなりますが、出力の正確な予測が難しい風力発電と比較した場合、潮流発電にエネルギー源となる潮位の変動は時刻に応じて必ず発生する現象であることから、正確に出力の予測が可能な点もメリットの一つとなっています。 ただし、潮流発電にはデメリットも存在しており、設備の塩害対策や付着する貝類の除去などにコストがかかることや、設備の耐用年数が5~10年と短いことなど、実用化については解決すべき課題が残されているのが現状となっています。