自然のチカラを

洋上風力発電のコスト

2014/08/12

洋上風力発電はコストが太陽光発電なんかと比べて安いために、とても便利だと聞きました。 洋上風力発電は陸上の立地がとても多く必要なために日本にあまり適していないのが問題です。 何よりも再生可能エネルギーとして、コストが大幅にカットできるのならば、洋上風力発電を使うべきですが、立地面積を大きく捕るということは日本にはなかなかなじめないものかもしれません。 しかし、昨今の原子力エネルギーにおいて、放射能問題なんかを考えると、コストが安くても不安な原子力エネルギーよりも重点的に洋上風力発電を使うことがとても大事だと考えました。 最近では電気代も高くなり、生活も大変になっているので、立地面積がそれほど必要ない洋上風力発電を開発することができれば日本でも多く活用できるのではないだろうかとおもっております。 現在の原子力依存をなくし、再生可能エネルギーでより安い電気を供給できるようにしてほしいものです。電気がない生活は考えられないので、そういったところに力をいれてほしいですね。

福島復興洋上風力コンソーシアム

2014/08/12

日本のエネルギー政策は東日本大震災の発生によって大きく転換しました。 福島第一原発の事故から原子力発電の危険性を指摘されました。 周辺住民は現在でも避難生活を余儀無くされて、周辺が安全になるのかがいつになるのかも現在では分かっていなく、福島復興の足かせとなっています。 エネルギーも原子力発電所は止められて、それ以外の発電所の力を借りてエネルギーを賄っています。 再生可能エネルギーが注目されていて、洋上風力コンソーシアムが福島復興の象徴となっています。 経済産業省から委託されて、国内の大学や商社などが協力して建設されました。 洋上風力コンソーシアムは福島の20km離れた人口の浮島に風力発電所を作り、自然のエネルギーで電力を賄おうとしています。 この洋上風力コンソーシアムが成功すれば再生可能エネルギーの政策が一歩前進してより安全で、CO2も排出しない地球に優しい環境に良いエネルギーが日本にもっと作られます。

波の力は無限に近い

2014/08/12

最近の日本は原子力を極力使わずに発電をすることがとても大きい課題になっております。 東日本大震災で原子力発電所の近くの住民が非難を強いられるようになり、原子力のあり方について、深く考えるようになって、原子力を使わないようにしようという動きが大きくなってきていますが、発電にかかるコストが大きく、化石燃料を使っての発電は無限にすることができるわけではありません。 それを補うために波力を使えば電気をほぼ無限に作り出すことができるのです。波はいつもあるので、波の力を使う波力発電はとてもいい発電方法です。 発電において、再生可能エネルギーというものは、とても重要で、コストもそれほど多くかからず、しかも、電気を無限に作りだすことができるという波力はとても現代にあった発電方法なのです。 電気を無限に作ることができれば、これからの化石燃料なんかも今後に残していくことができるのです。これからのために再生可能エネルギーはとても重要なのです。