福島復興洋上風力コンソーシアム

2014/08/12

日本のエネルギー政策は東日本大震災の発生によって大きく転換しました。 福島第一原発の事故から原子力発電の危険性を指摘されました。 周辺住民は現在でも避難生活を余儀無くされて、周辺が安全になるのかがいつになるのかも現在では分かっていなく、福島復興の足かせとなっています。 エネルギーも原子力発電所は止められて、それ以外の発電所の力を借りてエネルギーを賄っています。 再生可能エネルギーが注目されていて、洋上風力コンソーシアムが福島復興の象徴となっています。 経済産業省から委託されて、国内の大学や商社などが協力して建設されました。 洋上風力コンソーシアムは福島の20km離れた人口の浮島に風力発電所を作り、自然のエネルギーで電力を賄おうとしています。 この洋上風力コンソーシアムが成功すれば再生可能エネルギーの政策が一歩前進してより安全で、CO2も排出しない地球に優しい環境に良いエネルギーが日本にもっと作られます。